トップメッセージ

大西洋輔

1928(昭和3)年、当社はコルク栓・パッキンなどを製造する専門メーカーとしてスタートしました。その後、発泡スチロール・プラスチック成形加工分野に進出し、現在では緩衝材・包装材・各種製品パーツのメーカーとして確固たる地位を築いています。特に発泡スチロール成形では、1958年より、欧州から輸入した原料を用い、成形加工をスタートしました。当時としては、画期的な素材として、家電製品の緩衝材・農水産容器・住宅用断熱材など、発泡スチロールの特性を活かし、次々に需要が拡大しました。

半世紀以上経過した今、発泡スチロールは身近な存在となりましたが、需要は1990年頃をピークに半減しています。時代の流れに沿った、また顧客や社会から必要とされるものづくりを続けるため、長年の培ってきたノウハウを活かしつつ、新しい技術や付加価値へのチャレンジ精神を忘れず、企業運営に取り組んで参ります。

代表取締役社長 大西洋輔